転勤で家を売却しました

私は45歳の会社員だ。この度、転勤で海外へ行くことになり、長期間日本を別れることになりました。

結婚後に建てた家がありますが、長期間日本に戻らない予定のため、思い切って売却することにしました。

今回売却する家は未だに住宅ローンが残ってあり、売却したときのお金をローンの返済に割り当てる予定でした。

また、一生に一度の大きな買い物だったため、多少なりとも高値で売却したいという思いがありました。

そこで私は、複数の業者に家の査定を依頼することにしました。インターネットで一括査定を依頼し、我が家がいくらで売却出来るのかを見積もってもらいました。

今回は4つの業者に査定を依頼しましたが、ひときわ高値で見積もってくれた業者に依頼することにしました。

その後、業者といった契約を繰り広げることにしました。

転勤の時期もあるため、出来るだけ早く売却を完了させたかったのですが、今回契約した業者は非常にスムーズに作業を進めてくれました。

その後、無事買主が現れたため、家を内覧してもらいました。どうも我が家を気に入って頂けたようで、購入を正式に決めて頂けました。

転勤の都合もあり毎日バタバタしておりましたが、業者の計らいもあり、無事に我が家を売却することが出来ました。

都道府県ごとの家の売却価値

引越しや転勤など、何らかの事情により家を手放さざるを得ない状況におちいることは、誰にでもいらっしゃるものです。

たとえば、実家を離れて独立して世帯を構えて要る人の場合には、年老いた両親が住む住居を、両親亡き後はどのように管理するか、又は処分するか、は非常に悩ましい問題です。

家屋は、人生の一生にあたって断然高額な買い物であり、その資産価値はかなりのものになりますから、保存始めるにしろ処分するにしろ、適切な処置を心がけたいものです。

誰も住まない家屋をどうするか、という点については、その人なりの考えがあってあるですが、ただし断じて忘れてはいけないことは、不動産には毎年固定資産税が課せられるということです。誰も住む人がいない住居であっても、その不動産の持ち主には、毎年税金を払う義務が発生します。

こんな義務を免れるためには、資産を売却することが一際上手方法だ。但し、都道府県によっては、売却時の見積もりにかなりの差が生じます。

都会などの人口密集地域では、住宅の需要が著しいために、見積もりも激しくつきますが、地方都市などの人口減少が進んでいる都道府県では、空き家がたくさんあるため、住宅の資産価値はそんなに高くはありません。

家を売ることにしました

家を売ることにしました。子供たちも大きくなり、もはや家を出て自立しました。

こういう大きな家に残るのは、妻という私の2人だけだ。子供が小さい頃は荷物も数多く、こういう家も細いくらいに感じていましたが、夫婦二人だけになってしまうと一戸建ては広すぎます。

近々家のメンテナンスもしなくてはならなくなるでしょうが、年をとってしまった弊社カップルには、メンテナンスなんて重労働だ。

それに郊外の一戸建てよりも、さらに町中の便利なところに住んです方が良いような気もしてきたのです。

いつまでも元気で車の運転ができるわけではありませんし、歩いて買い物や病院に出向ける都会の方が良い気がします。なので、家を譲ることにしたのです。

今度、住むことにしたのは新築のマンションだ。ワンフロアーで暮すことができるので、とても便利です。

一戸建てよりは小さくなりますが、掃除もそのぶん楽になります。メンテナンスも管理会社にお任せすればいいだけですから、難題は一切ありません。

駅やスーパー、病院にもくらい、お散歩にちょうどいい公園も近くにあります。

一生ひとつの家に拘るのではなく、年齢と共に自分に当てはまる住まいを切り換えるほうが弊社夫婦には合っている気がします。

家を売るなら広範囲な地域に広告を出すこと

家を並べる事を感じる場合、これはどんなに宣伝をするのかが非常に大きなポイントになります。

基本的には自分が持ち合わせる家がある地域を主体ってしながら広告を出していきたいところですが、それ以外にもコストを考えながら広告を押し流す地域を広げることを考えるのがおすすめです。家を探している人は実に全国にたくさんいます。

こういう周囲にいかにして自分が並べる物件が目に止まるのか、これによって結果は大きく変わってきます。

物件の広告はいろんな方法から現すことが出来ますが、一番オススメなのがインターネットだ。

インターネットなら全国のどこにおる人に対しても敢然と情報を知らせることが出来ます。

サイトには不動産関係のサイトがたくさんあるので、その中でも家について一戸建てなら一戸建て系のサイト、マンションならマンション系のサイトというように広告を掲載するサイトを選んでいくと良いです。

上手に宣伝を通して出向くことは不動産売却における一つの戦略でもあります。

敢然と戦略を考える結果、賢く家を並べることが出来ます。

また、宣伝をもたらすだけではなく基本的な事として内容に魅力を含めることは大事なので敢然と考えましょう。

家を売るとき損をしない契約

OLの夫といった子供がカップル、上の子が小学校へ高まるのを機に実家の家業を継ぐことになり、それまで住んでいた家を並べる事にしました。

只、初めてのことなので何かと知らないこともあり、不安でした。

知識がないは損をする事になります。

なので、知り合いの不動産屋さんのアドバイスをもとに手元の資金は仮に確保出来るか、家を譲る時期はいつ頃かなどノートに今見て取れる事、見込めることを書く事にしました。

いくら程度で売れそうかの相場も調べてみました。

こんな簡単なことですが、売却するときの決定の情報に行なう。

ただし、いざ売却すると決めたら、実情や築年数などが査定価格に影響するようです。

複数社に査定を依頼してみましたが、プロの目はまずまず厳しかっただ。

そうして、実に不動産会社という媒介契約を結びます。

専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約のうちどれにするか、トラブルを未然に防ぐためにも、これってそれほど要所なのです。

私達は、速く確実に売ってもらいたかったので売り出しに積極的に上る形の専任媒介契約をしました。

お陰で毎月後に買い主という査定から僅か高めの金額で売買契約を結ぶことに成功できました。

信頼できる不動産会社に依頼したのが成功のポイントでした。